読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と谷、生と死

 

今日もASUKAのBlog見れて少し落ち着いた。昨日の映像ではかなり

顔も痩せて相当やつれた姿ではあったけど、少しでも笑みが見れたから良かった

 

あの笑みとあたしの笑みは確かに同じ笑みだった。

自分自身の件もまだ終わった訳ではないが心強く思えた。

 

今朝も耳を塞ぎたくなる内容のTel。何かもう踏んだり蹴ったりで。

 悪い事ってこんなに続くもんなのかな…

 

去年はエベレスト並みの山を越えたかな。人生の半分苦労かけ続けられた人の

 いきなりすぎるほどの呆気ない「死」先に楽な方に逝っちゃって。

 

重体の中搬送に大きな病院をたらい回しされ2~3時間。状態が酷い事から受け入れてくれる病院も見つからず、ようやく大阪では名のある医大病院に搬送されたが

 

生と死の境界線にいた。身体には縦一直線にメスが入れられ約40cmほどだったか。

時は既に遅し…手の施しようも無く乱雑にザクザク閉じられただけのものだった。

最後にうめき声をあげこの世の人ではなくなった。「事故死」

 

知人達が続々とオペ室にかけつけ、変わり果てた苦しげな顔と身体を見た瞬間の

あの光景は今も脳裏に焼き付いている。

大の男達もみんな声を荒げて子供のように泣いた。

 

良い時の記憶だけ残して、悪い記憶は帳消しになる。

彼の胸中は孤独感、寂しさ、愚かさ…で押し潰されていたのは確か。

彼のSOSには最後まで答えきれず「強く、もっと大きい男になれ!」

と、見捨ててしまった。死ぬ3日前の真夜中の電話…何が言いたかったのだろう。

 

人脈も人徳も兼ね揃えてた人。彼を知ってる知人達の記憶の中でずっと生き続け

決して忘れられる存在ではないだろう。楽になる形は違ったけれど。

 

もう幾つも山を越えたから、そろそろ谷もやって来るだろう…

ASKA風にちょっと前向きに考えてみようか。明日は明日の風が吹くだろう

 

 しかし、ほんとに次から次へとマスメディアはしつこく何でもかんでも

見出しで釣るの必死だね。逆に笑けて仕方ないわwww

 

さてさて、今夜の子守唄は 「Be Free」からの「今でも」「You are free」

「月が近づけば少しはましだろう」その他…と共におやすみます。