読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の風。


今朝はとても空が機嫌よく、心地いい風が吹いているね。もう春の匂いがあたしをくすぐる。


春は卒業の季節。あたしは何を卒業しようか・・・

昨年までのあたしに卒業しよう。来月またひとつ歳を重ねると共に、もう過去を振り向く人生に卒業しよう。


またひとつ、前を向き、やりたい事に向かって突き進んで行きたいから。

過去があるから今がある...

そんな風に思うと、やはりどこかで繋がってしまうけど。


自分の人生、ほかの誰でもない自分だけの。


今は「確実」という言葉はなく

どうなるのかわからない、未来の船に乗りかかっている。もしも、その船が嵐にあったとしても、生きてる証として残るのであれば

それでいい。もしも、その船が沈んだとしても決して「後悔」はしない。


我が人生に悔いはないから。