読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の巣~秘密部屋〜

ずっとあたしのココロの支えになってくれているT氏との距離が、どんどん縮まってきている。


男性不信なあたしと向き合い、ゆっくり時間をかけて語り合い、愛し合い、少しずつこの人なら信用できるかな...

という存在になってしまっていた。

恐る恐るではあるが...


まるで催眠術でもかけられてるかのように。


そんなT氏と数日前の事、普段は全く家呑みをしないあたしだけど、ウイスキーのロック、ハイボールを呑みながらLINEのやり取りをしてた。


アルコールの力を借りたのだろうか?

いや、絶対借りてるのは間違いないがw


いつもT氏と語り合い愛し合う時は、あたしの顔が指さない範囲でのホテル巡りだった。

それが、あたしには勿体なく感じていたのは確か。


少しヨッパゲになりつつ、内に秘めてた気持ちを大胆にも打ってしまった。



「ふたりだけの愛の巣を作るってのはどうかな?」


T氏は検討しとくわ!という返事だった。

次の日、車の中で「昨日言ってた事覚えてる?」と確かめてきた。


あたしは勿論覚えているが、まさか次の日このタイミングで聞く!?   一瞬頭がパニック

言葉がすぐに出てくれない...

照れくさい気持ちを押し殺し


「うん、覚えてるよ」(;▽;)


すると、T氏は即答で


「明日、不動産屋に愛の巣...探しに行こうか。」


・・・はやっ!  

あたしは2人だけのマッタリ出来る空間があればどこでもいい。節約の為でもあったし。


ホテルでは激しく愛し合う事も、声を荒らげて感じ合う事も、あたし達の自由。

誰にも遠慮はいらない場所だった。


これからは...これからも...

2人の愛の巣、秘密の部屋でゆっくり、マッタリ、そして自由に愛し合う事が出来るのだ


こんなスリル感は何故か、幾つになっても気持ちが高ぶり、ワクワクドキドキでいっぱいだ。愛の巣はT氏のこだわりで、外観がお洒落で、新築で、大きいお風呂の秘密部屋...


あたしの希望は小型の愛しい愛犬が入れたらいい。それだけでいい。


現在、物件探し真っ最中!

T氏の希望に添う愛の巣は見つかるだろうか


とにかく、ふたりはワクワクドキドキ( ˊᵕˋ )



今日はこんな感じで...(//ω//)